10.25.2019

RIPRAP "LOOPWHEEL SWEAT SERIES"

リップラップ19AW第二便が到着しました。
どれからお伝えしようか迷ってしまった程、
ボリューム、内容共に充実のアイテムをじっくりご紹介していきます。

まず本日は、リップラップにおいてインナーアイテムの
代名詞となっているスウェットシリーズをご紹介していきます。
非常に柔らかい、着心地抜群の吊り編みのファブリック。
ヴィンテージの織り機で丁寧に編まれた生地は、
生地特有の強い伸縮、とってもソフトな肌触りで
着用時のストレスがほとんどありません。

洗いをかけることによって縮みが出るのですが、着用の過程で伸びていきますので、
洗って着用して存分に楽しむことのできる生地です。

前回の秋冬(2018AW)シーズンから大変ご好評いただいた
Yネック、パーカーの2型が継続のアイテムとして再登場しています。

PULL HOODIE RRCS0803


Y NECK RRCS0802

リップラップには馴染み深い、シューシフトを
フード紐として採用したもっちりフーディー。

US ARMY A-1のネック、US NAVY WEPジャケットの袖と
ミリタリーディテールをふんだんに使用したYネックスウェット。

カジュアルなフーディーと、セーターのようなスウェットは
好みのスタイリングによって、様々なお客様に大好評頂きました。

個人的にも18AWシーズンの型をどちらも所有しており、
チノに合わせるパーカーとスラックスに合わせるYネックで使い分けて愛用しています。
気軽に着用できるので、毎日と言っていいほど着用していました。
定番化した2型は今後リップラップの軸となっていくカットソーだと思います。


そして今シーズンより、リップラップにしかできない
新たな型をご用意させていただきました。

HARF-REVERSE CREW RRCS0801


INSIDE TROUSERS RRCS0804

まずは、ドルマンスリーブ型のクルーネックスウェット。
古い年代のスウェットのディテールを採用しています。
その時代にスポーツユニフォームとして扱われていたように
動きやすいアウトラインとなっています。

全体をそのままのデザインで作り込むことも
ヴィンテージの良さだと考えたのですが、
リップラップはあえて下半分をレギュラーユーズドのような
スウェットディテールとドッキング。
見事に、全く新しいクルーネックスウェットが完成しました。

上は生地が横目に下は縦目に使用したことで、同じ生地であるのに
違った素材を楽しんでいるように見えることも本アイテムの特徴です。


更に、初めてこの生地を採用してリラックスしたパンツをご用意しました。
リップラップ初のスウェットパンツ。なのですが、
ただのイージーなパンツではありません。

リップラップのシグネチャーパンツ、
ノータックスラックスを参考に仕立てられたパンツです。
スラックスよりもちろん履きやすく、非常に綺麗なシルエットは
リップラップのスラックスそのもの。
ガゼット仕様であったり、リブウエストのシューシフト紐という点は、
 スラックスよりもアクティブに、カジュアルに着ていただけると思います。
以上4型、ここから着用へとご案内いたします。
あるアーティストの名前を冠したハンソンピンクは、
肌色にも近いくらいのピンクとなっています。

非常に上品なカラーリングでブラウンのブルゾン、スラックスの
茶系統やミリタリーカラーのオリーブと相性抜群のカラーとなっています。
ハーフリバースのたっぷりしたシルエットは
カジュアルなパンツともよくマッチします。

リラックスしたパンツも非常に縦に綺麗なシルエットを表現。
裾のリブを中に曲げてみることで、よりスラックスのように
履きこなすことも可能だと思います。
シューズに合わせて是非お好みで。
日焼けしたブラウンをイメージしたサンバーンもお忘れなく。
焦げたような風合いが更に年代を感じさせ、非常に上品な仕上がりとなっています。
こちらのカラーも、ブラウンとオリーブに相性バッチリです。

同色の上下セットでスポーツカジュアルなバランス感は個人的にも好みですが、
同素材、2色使ったスタイリングもご提案したいスタイリングです。
どっちか迷うって方は、どっちも着て
新しいスウェットのセットをカラーでお楽しみください。
素材の良さを体感し、カラーをお楽しみいただく
リップラップならではのアイテム。
是非、店頭にてご覧ください。
※上記画像をクリックいただきますとブランドページにジャンプします。

AUGGIE
〒892-0842 鹿児島県鹿児島市東千石町18-1ミッドランドアパート2F
TEL:FAX 099-226-5450

0 件のコメント:

コメントを投稿