ONLINE STORE

AUGGIE

INSTAGRAM

6.11.2021

kearny × Riprap SUNGLASSES "JAZZ Ⅱ"

ブランドからのアナウンス、ネットメディアでも既報の通り、

kearnyとRiprapが共作した第二弾が明日6月12日(土)に発売開始します。

内容は、JAZZ Ⅱ。

前回に引き続き、ジャズフェスティバル映画

"jazz on a summer's day"

実際のジャズフェスでのリアルな情景をイメージしたアイウェアです。

大ぶりなボストンシェイプのクラシックフレーム。

今回は、大胆に上リムをスパッと斜めに面取りし、

角度によって型が違って見えるようなデザインが特徴です。

真正面から見ると、面取りしている上リムがシェープに見え、

トラディショナルウェアにも相性バッチリの

正統なボストン型のデザインとなっています

そして、少しだけ斜めから覗いてみると、面取りしたリムが

フラットに見えることで、8mmの極太セルフレームが表情を出します。

蝶番に向かって平面のリムとなっているので、

立体的な曲線となり、個人的には跳ね上がったような、

フォックス型の風変わりなデザインにも感じました。

アニタ・オデイにかけてもらえば、大ぶりのJAZZ Ⅱがバッチリ似合うでしょう。

あと赤いリボンのカンカン帽、同じく赤のカーディガンに見惚れてしまった、

劇中の女性にもかけて欲しいなぁ。

男性はもちろん、女性にもかけて欲しい、素敵なアイウェアとなっています。

ストーリーを大事にするkearnyとRiprap。

映画"jazz on a summer's day"の空気感、50年代から60年代のスタイル、

イメージをしっかりとリンクさせ、思った通りのアイウェアになったと

kearny熊谷氏、Riprap西野氏から聞くことができました。

実は、今作を作る過程で、しばらく会えていなかったのだとか。

熊谷氏との雑談からそんな話を聞きました。

時代の影響で会うことが中々難しくなっても、

これまでのお二人の長い付き合いと

色んな思いが共通・共有しているからこそ

こんなにも素晴らしいアイウェアが誕生したのだと思います。

そんな、信頼関係の厚さから生まれたJAZZ Ⅱ。

映画の続編のようなタイトルだし、

個人的に最近好きで見ているドラマのエンディングテーマのようで、

なんだかワクワクしちゃう第二弾。


あと一ヶ月すれば、梅雨が明け、サングラスが必須の季節がやってきます。

暑い日差しに、ビールでも飲みながら、自分の好きなアーティストを選曲。

そんな気持ちのよい昼下がりに、JAZZ Ⅱをかけてみてはいかがでしょうか。


明日6月12日(土)真昼の12時より販売開始

kearnyコンセプトのJAZZ Ⅱ 2パターン

RiprapコンセプトのJAZZ Ⅱ 4パターン

6パターン全てご用意して、皆様のご来店をお待ちしております。



AUGGIE
〒892-0842 鹿児島県鹿児島市東千石町18-1ミッドランドアパート2F
TEL:FAX 099-226-5450

4.26.2021

AUGGIE's chapter 4.CLASS karachi/PINKMOON

4.CLASS


AUGGIE10周年のスタートを彩ってくれたkearny熊谷富士喜氏、

Riprap西野裕人氏は、とっても人間味のあるお二人だ。

AUGGIEやFILMVAKで開催されるイベントに来てくれる皆なら

それをわかってくれているだろう。

アイテムの内容はもちろん、ブランドとも繋がる話からすべらない話まで

多くのネタを持っている。

そんな魅力ある両氏に、ハマってしまう人も多い。

こんなことを書いている僕もその一人だ。

AUGGIEは人と人が繋がって、服を着てもらうことを大事にしている。

デザイナー自身が表に出てくださって、

ブランドのリアルを語ってくれることはとっても貴重な機会だ。

中身を知れば知るほどブランドの事が好きになっていくし、

ブランドに妙な親近感が湧くのは、僕の勘違いだろうか?

こうした経緯から、10周年の別注アイテムのスタートは

皆もよく知っているお二人にお願いしたのです。


さてAUGGIEは、みなさんご存知の通り、

多くのブランドを取り扱いさせていただいています。

前途の通り、全貌というか、ブランドの中身から、

アイテムそのものまで全てを知ることで、更なる魅力が出てくる。


反対に、謎めいたブランド、正体が全くわからない

ブランドもオーギーには存在する。

謎に満ち溢れているものになぜだか惹かれてしまう。

ミステリアス。

摩訶不思議な言葉に惹かれてしまうのも日本人特有の気質なのかな。

謎のベールに包まれる、正体不明なブランド。

よく来てくれているみんなにとっては、不思議とあのブランドだろうな。

って思う人もいるだろう。

僕らも、間違いなくそのブランドだと言える。

CLASS。

そう、このブランドには唯一無二の謎がある。

歴史、アートetc...カルチャーを元にした、服への表現方法。

CLASSにしか表現できないデザインがある。

デザイナー堀切道之氏。

僕自身、幾度もお話させていただいたことがあるが、

なぜこのようなデザインが出来るのか?今だにその謎が解けていない。

それなのに、僕も、CLASSを着てくれる数少ないコアなファンも、

毎シーズン買ってしまう魅力がCLASSにはある。

なぜこんなにも着たいと思うのだろう?

なぜ好きなブランドなのだろう?

10周年の企画が決まってずっと考えた。

建築的な構築によるデザイン?使用するファブリックの真新しさ?

縫製をもデザインにしてしまう自由な発想?

全てCLASSの良さであるけど、そういうことじゃない気がする。

僕が今までいろんな洋服を経験した中で、CLASSがデザインする

見たこともないシルエット、デザイン、縫製が素晴らしいのは当たり前の話で、

ストーリーを唯一無二のモノに具現化する

堀切さんの感覚=センスが、ただただ好きなんだなと改めて感じている。

CLASSを好きな人たちは、

堀切氏のセンスに惹かれて買ってしまうのだと思う。


堀切さんと別注させていただけるなんて、とても光栄だ。

AUGGIEの10周年企画第4弾、CLASS。

僕がCLASSで初めて購入したkarachi。

野暮な商品説明はいらない名品。

「ピンクムーン」

ピンク色の花が咲く時期。4月の満月は、幸せを呼ぶ月と呼ばれている。

そう言えば、曽我部さんの運営するレコードショップもピンクムーンだっけ。

妙にグレーの色とペールトーンのピンク色がマッチするウルトラスエード。

AUGGIEらしい色でご用意させていただきました。

CLASS
karachi/PINKMOON

ずっとCLASSが好きな人、これから好きになってくれる人、

堀切さんに制作していただいた特別なアイテムで自分の感覚を上げていって欲しい。

謎のベールに包まれる、正体不明なブランドCLASS。

僕らは結局、人で成り立つブランドが好きなだけみたいだ。


4月の満月、明日4月27日(火)発売開始です。

よろしくお願いします。


AUGGIE
〒892-0842 鹿児島県鹿児島市東千石町18-1ミッドランドアパート2F
TEL:FAX 099-226-5450

4.23.2021

AUGGIE's chapter 3.N.HOOLYWOOD TEST PRODUCT EXCHANGE SERVICE × AUGGIE RUNNING CLUB/PHYSICAL FITNESS UNIFORM

 3.N.HOOLYWOOD


AUGGIEが10周年を迎えた、2021年。

N.HOOLYWOODもブランド設立20周年を迎えている。

日本のファッションの歴史書がもしもあるなら、

N.HOOLYWOODが1つの大きな内容として掲載されているだろうし、

オーギーの10年をまとめてみても、

絶対に欠かすことのできないブランドになっていると思う。


そんな僕自身も、20歳のときにN.HOOLYWOODに

袖を通したことを今でもよく覚えている。

エヌハリ、ミスハリって略すのが、通な言い回しでかっけー!

とか浅い考えしかなかった社会人なりたての頃だ。

今も尚、定番であり続ける霜降りパーカー47pieces。

スリムなウォッシュドデニム。

コンバースと共作していた、ウェポンのような

スエードとメッシュで切り替えられた、ハイカットシューズ。

クッタクタの古着、ミルスペックウェアと組み合わせる

N.HOOLYWOODがかっこいいと思っていて、同じ格好ばっかりしていた。

もう13年も前の話だっけ。


こうして、今も変わらずエヌハリを着ている。

僕らが着用するサイズのバランス感覚が変わるたびに、

N.HOOLYWOODもシルエットバランスを変化させ、

得意なデザインをこれまで多く発表してきた。


僕らの世代は、ストロークスがプライベートで

たまたまミスターハリウッドを訪れたって話から、

細いスタイルのN.HOOLYWOODをイメージする人も多い。

近年のエヌハリが好きな若い子は、緩やかなサイズに唯一無二の

デザインがあるN.HOOLYWOODを気に入って買ってくれていると思う。


時代が変わり、洋服のシルエットも大きく変わった。

時代性にアンテナを張りながら、自分の好きなものにデザインすることは

そんな簡単な物じゃないと僕は考えている。

だって、自分(ブランド)のこだわりを崩してしまう可能性があるから。

N.HOOLYWOODは、それを感じさせない何かがある。

デザイナー尾花大輔氏には、トレンドを意識するというより、

自分の好きなモノを今のバランスに落とし込んでみたらどうだろう?

と、あくまでも自分の好きなモノを再構築している考えであるのだと思う。

それは、古着の再構築をコンセプトにしてきた、

ブランド立ち上げの2001年から何も変わっていない。

イメージシルエットはまるで違うのに、どちらも尾花大輔氏が再構築する

N.HOOLYWOODであることは間違いないのだ。

20年もの間、ファッションというカテゴリーを牽引し続ける

エヌハリの凄みが少しでもわかっていただけたであろうか?


AUGGIEがN.HOOLYWOODを語る上で

見逃せない要素がもう一つある。

圧巻の本気度で取り組んでいる、ミリタリーウェアの存在だ。

TEST PRODUCT EXCHANGE SERVICE
(テストプロダクトエクスチェンジサービス)

N.HOOLYWOODを区分化している中で、

ミルスペックに特化したウェアを提供し続けている。

米軍服は、多くの民間ブランド(DANNER,NEW BALANCE,WILD THINGSなど)

から成り立ち、自由な国のイメージのまま、

あらゆるスペックのアイテムが開発されている。

そんなところが、みんな着たいと思わせる由縁だろう。

エヌハリは、前途の民間ブランドに一石を投じる為に、

ミリタリーウェアにも負けない、拘りのアイテムを本気で制作しているライン。

尾花さんのことだから、本気でアメリカ軍と契約したいなんて考えていそう。

そんな本物を追求するミルスペックウェアと、

僕らが考えることを組み合わせたいと考えた。

トレーニングウェアでもあるミルスペックアイテムを、

都会的にファッション性を高め、本気で走れるように。

N.HOOLYWOODらしく、夏のセットアップとしてはもちろん、

米軍のトレーニングユニフォームのように、

アクティブウェアとしても活躍させたいアイテムを制作していただきました。

N.HOOLYWOOD
TEST PRODUCT EXCHANGE SERVICE 
× AUGGIE RUNNING CLUB
PHYSICAL FITNESS UNIFORM


夏のリラックスセットアップ兼、

ARC(AUGGIE RUNNING CLUB)のフィジカルユニフォーム。

架空のクラブじゃない。

架空の何かって言葉は曖昧すぎて、正直あまり好きじゃない。

本気で存在していることが面白いと思わないか?

本気で走ってくれるメンツと、時には笑いながら活動している。

ロゴフォントにも、AUGGIEらしい拘りを入れている。

音楽、レコード好きなら、すぐに気付いてくれたかもしれない。

文字列を組み替えたら、ARCになる、

リフレクター仕様のかっこいいロゴになった。

五分袖に近い、ややオーバーシルエットのカットソー。

左鎖骨の部分にロゴ。ミルスペックウェアでもよく見かける位置に配置した。

速乾性の高い高機能素材は、光沢も加えた上品な仕上がりの1着になった。

パンツは古着でもよく見かけるUS ARMYフィジカルショーツをイメージ。

とっても短い丈のフィジカルショーツを10cm長い丈に設定。

その丈の長さにしたことが目で見てもわかりやすいよう、

ロゴの位置はARMYと書いている

フィジカルショーツと同じ位置のままに。

ファッションとしても楽しんでもらいたいバランスに仕上げてもらった。

特別なユニフォームをN.HOOLYWOODに作製していただきました。

これを着用し、僕は本気でフルマラソンを走りたい。

もしかしたら、N.HOOLYWOODを着て初の2時間台ランナーになるかもしれない。

馬鹿げた話だが、いつまで経っても面白いことは考えていたい。

そんな考えから、思いもしないような

本気のアイテムが今回は出来上がったと思う。


時代の大きく変わった2021年。

尾花さんがデザインを手掛けた、聖火ユニフォームを多くの人が纏っている

光景もテレビでよく見かける時期までようやく来た。

多くの人々も、動くことへの関心も増えてきた。

尾花さんもOBANA SWIMMING CLUBなんて面白い試みを

本気で行っている。

本当に新しい時代がやってきたのかもしれない。


それでは、明日4月24日(土)発売開始。

みなさまの御来店を心よりお待ちしております。








AUGGIE
〒892-0842 鹿児島県鹿児島市東千石町18-1ミッドランドアパート2F
TEL:FAX 099-226-5450