ONLINE STORE

AUGGIE

INSTAGRAM

4.11.2020

Riprap 『2020SS Shirts.』

非常に緻密で丁寧な最高峰の縫製。
先日ご紹介の通り、シャツ工場の縫製技術をアウターに移植したアイテムは
大変ご好評いただいています。
中には、「春夏のベスト1アウターだ。」
とおっしゃってくださったお客様もいたり。
僕らも嬉しい限りです。

そんな流れで今日は、2020SSにご提案させていただく
シャツを一気に3型ご紹介していきます。


まずは、定番のオープンカラーシャツ。
今シーズンは縫製技術に加え、落ち着きのある
アッシュブラウンとサックスブルーのカラーリングは
上品な面持ちを感じさせます。

この高級感漂わせるシャツに仕上がっているのは
ブロードの生地を採用した素材にもポイントが。
精紡交撚糸という極めて繊細な糸を使用しています。
繊細な糸であるにも関わらず、2本の糸を1本に捻り上げていますので
充分な強度も備えた糸になっています。
高密度に織り上げても硬さをほとんど感じさせない滑らかな
ブロードクロスが制作されました。

生地のしっとりした風合い、ひんやりした印象のカラーリングとの
相性が非常によく、暑い夏にも着ていただける涼しげな1枚となっています。


スタンダードなデザインのセミオープンカラーシャツは、
ドレスシャツのように着用もできるよう通常の開襟よりもボタン位置を
少しだけに高い位置に設定していますので、より引き締まったスタイルに。
生地の上質な見た目とも相性バッチリです。

実はこの精紡交撚糸のブロード生地は、ファーストシーズンから数シーズン
ハンドクラフテッドスーツのレギュラーカラードレスシャツの軸として
ホワイトカラーで展開されていました。
今回は、新たなカラーリングでカジュアルに着回しが可能な1着に。

個人的にも以前から所有しているフォーマルシャツなのですが、
滑らかな風合いにも関わらず、端正な佇まいを感じる
レギュラーカラーシャツです。
着心地の良いリップラップのスーツにもピッタリの生地が採用されていました。

今現在、主軸となっているドレスフォーマルに向けたシャツは、
通常の2倍の密度で織られたスーパーハイカウント生地の
B.Dシャツです。
ドレスシャツとしての洗練されたしなやかな風合いと
ツイル特有のハリコシも備えた生地を使用しています。

洗いを掛けるとカジュアルに、アイロンをかけて再びドレスウェアにと
用途も多様なシャツは、当店のオーセンティックシャツとして
今シーズンも再入荷を果たしました。



滑らかなのにハリコシをしっかりと持った生地は、
袖を通していないのに立体的な丸みを持ち合わせています。
緻密で無駄のない縫製も含め、フォーマルシャツとして
上質の面構えとなっています。

今シーズンより4サイズ展開、S~XLサイズまでの
幅広い体型に対応するアイテムに。
AUGGIEでは、この新サイズXLを新たなスタイリングとして
ご提案してみたくなりました。


洗いざらしで着用するラフな印象も、このアイテムの特徴です。
そのカジュアルな面をより活かし、オーバーサイズでのスタイリング
おもしろいのではないかと。
AUGGIEがご提案するRiprapの新しい着こなしです。


ややたっぷりした身幅、余裕を感じさせる腕回りはXLらしいサイズ感。
フォーマルシャツのパターンで仕上げられていますので、形は崩れることなく
非常に綺麗なシルエットを維持しています。

古着屋でアメリカントラディショナルブランドのXLを
チョイスするような感覚で手に取ってもらえたら。
生地の変化も含めて、より一層楽しんでもらえる1着だと思います。
あえてタックインをしないでカジュアルに。

そして今シーズン、タックインで楽しんでもらいたいシャツ。
今までの見た目とは全く変わりそうな、プレイド(タータン)の柄を
採用したB.Dシャツです。



ドレスシャツのパターンに近い綺麗なシルエット、
ヘム(裾)の傾斜を強くしたことで、着丈の長い印象が強い
Riprapでは異様なデザインのB.Dシャツ。

アメリカではトラディショナルウェアとして実際に、
この着丈の設定のシャツを着用していたそうです。

着丈が長い分、オーバーサイズシャツのように着こなしても
おもしろいアイテムだと思いますが、
AUGGIEでは王道のスタイリングを。
見た目がカジュアルな印象のアイテムにも関わらず、
プレイドパターン、両フラップポケット、ボタンダウンと
トラディショナル要素高いアイテムをタックインで
着こなして欲しいと考えています。


ウエスト周りとたっぷりさせた装いは、かっちりという印象よりも
自然な着こなしでカジュアルにも合うタックイン。

タックインが不慣れな方へも、この絶妙なウエストバランスは
挑戦して欲しいアイテムに仕上がっていると思います。

定番のブラックウォッチパターンで正統派なスタイリングはもちろん、
物珍しいハンティング、ウェザードのタータンパターンは、
今後お目にかかれないかもしれません。


今シーズンはシャツも、いつもと視点を変えたシャツを3型ご用意して
内容盛りだくさんとなりました。

皆様も様々な視点で、スタイリングをお楽しみくださいませ。




AUGGIE
〒892-0842 鹿児島県鹿児島市東千石町18-1ミッドランドアパート2F
TEL:FAX 099-226-5450

1 件のコメント:

  1. このコメントはブログの管理者によって削除されました。

    返信削除