2.19.2020

CLASS "HIPPIE MODERNISM"

CLASS 2020ss
-HIPPIE MODERNISM-
1960年から1970年代初頭のカウンターカルチャーからインスパイアされたコレクション。
その時代の建築、デザイン、アートなどの考察した1冊の本から始まりました。
過去は未来では・・・と捉え、過去を追求し完璧の先にある自然と
人工の不均一な矯正の可能性を探ったコレクション。


今冬最後の寒さもあと僅か、春を迎える前にCLASS 20SSのアイテムが揃いました。
今シーズンもデザイナー堀切氏の知識を服で表現したアイテムは圧巻の一言。

特に60s~70sと位置付けた20ssは、その当時より実際に存在したウェアを
リデザインし現代的な解釈へと落とし込んだアイテムを制作しています。

その中でも目玉となるアイテムが、今シーズンのテーマを冠したアイテム。


老舗デニムブランドが70年代に制作していたパッチワークパターンのボアジャケット。
その気骨で荒削りなデザインのアイテムを、
CLASSらしさを匂わせるようにリデザイン。

ブランドのアイコンとも言うべき、Artificial Leather(ウルトラスエード)を
パッチワークパターンとして使用した新感覚のワークジャケットへと変貌しました。

袖周りやラペルのディテール等、カバーオールのデザインはそのままに。
美しいシルエットラインが出るよう背面と脇下にダーツを配したことで
縦のラインが強調されるテーラードアイテムのような印象のアイテムへ。

CLASSならではの唯一無二の表現するにふさわしいジャケットとなりました。



パンツには新型をご用意。
こちらも新感覚、新鮮なシルエットをご期待いただける
イージーフィットのピンタックスラックスです。

100cmにもなる分量のウエストに強めのゴムを入れることで
ウエストの大きさに関係なく、着用が可能となっています。
履く人の体型によってシルエットも大きく変わり、
様々なスタイルをお楽しみいただけるはずです。

Super140sの極細の糸を度詰めにし、ションヘル織機で丁寧に
ゆっくりと織り上げられています。
繊細であるにも関わらず、力強いハリコシに滑らかさを感じる生地です。

ウール生地ではかんることのできないシャリ感のような風合いも感じ取れる
今までにはなかった感触のスラックス。

古い年代のスラックスを軸に、フィット感や履き心地、生地からなるシルエットを
モダンな状態へと押し上げたスラックスアイテムとなりました。


まずはバックシルエットから。
中央に縦横しっかりとダーツを配したジャケットは、脇下のシェイプ具合が
非常に綺麗なシルエットになっているのが見てとれます。

フロントとバックにピンタックを配したイージーパンツは、
ピンタックのシャープな印象、滑らかな落ち感にはっきりとしたアウトラインが
ウエストゴムのパンツとは想像もできないパンツに仕上がっています。


ベースとなる過去を現代的に見つめ直し、見事モダンなウェアを創造した20ssシーズン。

現代において古い年代の服『古着』は、
時代が進むにつれて幅広いものとなってきました。

僕の上の世代は、お金を出し惜しむことなくヴィンテージを収集。
僕より下の世代は、年代関係なく自由に古着を楽しむ時代になりました。
故にそれっぽい服も増えてしまった現代。
その反骨心を掻き立てるためにCLASSというブランドは存在します。
この時代にしか表現できない服を新たな挑戦して欲しいと思います。

服が好きな人間として新たなステップへと踏み入れていただく為に。
是非、CLASSをご覧ください。

AUGGIE
〒892-0842 鹿児島県鹿児島市東千石町18-1ミッドランドアパート2F

TEL:FAX 099-226-5450

0 件のコメント:

コメントを投稿