9.03.2019

BAMBOO SHOOTS 2019AW


2019年春夏に引き続き、現代美術作家の加賀美健氏をモデルに起用した
バンブーシュート2019年秋冬シーズン。
スタイリスト荒木大輔氏の手によって、リアルな日常の姿が映し出されたルック。
実際にこのルックを日々の生活と仮定し、春夏と秋冬の2回を日常の1年として構成したルックブックとなっているそうです。
『おじさんの1年』として打ち出す、気負わないスタンスもリアリティあっていいですよね。
日々のルーティン(繰り返し)で円熟味を増した、大人の強みが色濃く出たルックブックとなっています。

この世界観が生み出されるのは、甲斐一彦氏のブレない信念から構築される
『バンブーシュート』があってこそ。
20年以上古着、ミリタリー、アウトドアを変わらず愛し、
旬や流行にとらわれない、甲斐氏の頭の中で描かれた『今イケてる服』。

そんな、現代的にアップデートされたバンブーシュート19AWの1stデリバリーが到着しています。
オーギーでは、まず定番のファティーグパンツとBDシャツからご紹介いたします。

Fatigue Trouser w/sec pocket

甲斐氏も日常着として着用し、バンブーシュート定番のファティーグパンツです。
今シーズンは、コットンバックサテンを使用しました。
ベイカーパンツのディテールに、テーパードラインが綺麗なパンツとなっております。
あと付けのポケットのベイカーパンツは、椅子に座っていると物が落ちやすかったりします。
そのデメリットを解消すべく、右ポケットにジッパー付きのセキュリティポケットが配備されています。
1950年代のベイカーパンツに近いデザインで制作されたオリーブカラー。
コットンバックサテンは退色する生地なので、着用を繰り返してアタリやヒゲを楽しむことができます。
ヴィンテージアイテム以上の、綺麗な経年変化をご期待ください。

ネイビーカラーは、US NAVY(アメリカ海軍)のセーラーパンツをイメージし、
ベイカーパンツに移植しております。
フレアしたセーラーパンツの履きづらい印象を払拭し、
日常着として組み込みやすいパンツを作り出しました。 
実際のコットンバックサテン生地のセーラーパンツのように、
赤味掛かったネイビーカラー。他では見られないカラーは、忠実に色を再現しました。
こちらも、いい経年変化をお楽しみいただけます。



ファティーグパンツに相性ぴったりのBDシャツ。
柔らかく着心地のよい40番手スーピマオックス生地を使用しており、
トラディショナルウェア特有の硬い感じがなく、肩肘張らずカジュアルに着用ができます。

ゆとりのあるアウトフォルム、美しい襟の立ち上がり、カフスの剣ボロ部分の裏の縫製等、
アメリカントラディショナルウェアの代表ブランド、ブルックスブラザーズが
その昔、制作したディテールを彷彿させるようなデザインとなっております。

クラシックな佇まいを感じさせながら、現代的にアップデートしたポケット。
iPhoneやサングラスを収納できる、大きめのポケットです。
ペン差し部分は、メガネのつるを引っ掛けられる仕様になっております。

このOX生地も、洗いをかけていくことでより馴染みが出てくる生地になっていきます。
是非、パンツとセットでお試しください。

最後に。
今回、バンブーシュートはルックブックに加え、スペシャルムービーも制作しています。
ユーモアある、短編映画のような仕上がりは必見です。
こちらもチェックしていただき、店頭でもアイテムをご覧くださいませ。

AUGGIE
〒892-0842 鹿児島県鹿児島市東千石町18-1ミッドランドアパート2F

TEL:FAX 099-226-5450

0 件のコメント:

コメントを投稿