6.17.2019

RIPRAP 『Short sleeve,Shorts.』

梅雨入りしてますが、雨も少なく、
日中は暑さも感じる日もでてきました。
街を見ると、半袖やショーツの方もよく見かけるように。

RIPRAPも半袖とショーツが入荷しており、
梅雨明け前ぐらいにご紹介しようかと思っていましたが、
この時期から活躍しそうなのでご紹介させていただきます。

SEMI-OPEN COLLAR SHIRTS S/S RRS0704

リップラップ夏の定番、セミオープンカラーシャツ。
今夏は、ウールシルクの混紡糸を使った生地です。
細かな糸で織っていますので、非常に軽く、一切チクチクしません。
とろっとろで滑らかな質感が、やみつきになります。
質の良さが見た目からも感じ取ることのでき、
先にご紹介した長袖も好評をいただきました。

天然繊維を使用していることで、嫌な匂いが出づらいことや、
乾きが早く、非常に扱いやすいこともこの生地の特徴です。

生地の上品さがあるので、今シーズンの半袖はいつもよりシンプルに。
袖のポケットを排除し、フロントにミリタリーポケットを採用しています。
iPhoneX等の大きいサイズのスマートフォン、
RIPRAPのコインケースはもちろん、
大ぶりな長財布も余裕で入るほどのポケットサイズです。
夏はバッグを背負おうと、接触面だけ大量の汗が出てしまいます。
バッグなしでも、必要最低限の荷物であれば、
このポケットにまとまります。
僕は休日、バッグを持たない派なのですごく助かる機能です。
明度が高く、濃厚なオークブラウンスラックスと合わせ、上品な着こなしに。
この組み合わせは、急な悪天候となっても即座に対応。
シャツはジメッとした場面でも快適、
スラックスは、快適かつ、水弾きの良いパンツです。

そして、スラックスとの上品な組み合わせから、よりカジュアルに、
これからの時期活躍してくるショーツ。

OUTSIDE TRUNKS RRP0705

高密度に織られたポプリン生地を採用したショーツ。
厚みがあり、少しだけガシッとした触り心地の生地は、
着用を繰り返し、洗いをかけることにより、
よりしなやかな柔らかい風合いに変化していきます。

ややハリあるショーツは、着用を繰り返すことで
デニムのようなヒゲやアタリが出てくる生地のショーツです。

同じ生地を使ったフード付きドレスシャツを以前、紹介していました。
綺麗で細やかな縫製が叶うよう、一度洗いをかけたシャツと、
ショーツは、未洗いの状態となっています。
今回のショーツも半袖のシャツと同様、シンプルなデザインに。
フロントのファンクショナルポケットを排除しています。
しかし、今回は排除というより、いつも以上に快適さを求めた形に。
バックシルエットをご覧いただくとその秘密が。
センターにかかる、縫い合わせがありません。
そして、後ろ身頃の生地が、前よりもやや長さが取られています。
お尻にフィットするように丸さを出して立体的に制作。
股下も、180度開閉が可能です。

この仕様は、紳士用のアンダーウェア、トランクスの形から制作されました。
丈、横幅を少し引き出すことで、ショーツとしても使用できるように。
縫い合わせがないことで着席時の不快を感じることがなく、
触り心地、着心地に長け快適。

トランクスのように、柔らかい伸びのウエストゴム仕様。
ドローコード付きな点も、実用的で使い勝手も非常に良いショーツです。
ダークネイビーとオリーブの相性ぴったりな、
組み合わせを今夏はいかがでしょうか?
着心地、履き心地も快適に加え、今シーズンは色を飾る
メリノウールの快適ボーダーソックスもご用意しています。
スラックスも含め、好きな色で快適にお過ごしください。

ITEM PAGE

AUGGIE
〒892-0842 鹿児島県鹿児島市東千石町18-1ミッドランドアパート2F

TEL:FAX 099-226-5450

0 件のコメント:

コメントを投稿