5.20.2018

Riprap aging shirts.

AUGGIEが商品ご提案の際によく口にする経年変化という言葉。

お客様にも経年変化の面白みをご覧頂きたく、
当店にて取り扱いのある商品と着用・洗いを繰り返した
私たちの私物を比較してご紹介いたします。

今回、その第一弾として
10回程洗いをかけた後の、状態を是非ご覧くださいませ。

NEW

STAFF ITEM
コットンとリネンの縮みや質感も違いがあり、立体感を感じます。

袖、裾周りになると一目瞭然。
綺麗な色落ちとアタリがありますのは染色方法が通常と違う為、
シャンブレーとは一味違う経年変化です。


背面の肩から背中にかかる切替付近からは、
洗いをかけたことで生まれるパッカリングが出ています。
生地それぞれにある縮みとRiprapの縫製技術は、
経年変化をより感じることができるはずです。


ハリのあった生地は、ここまで馴染むと着心地もよく、
アイロンをかけて綺麗に着たくなります。
洗い晒しの風合いもとてもいいです。
色味の変化もデニムの様な色落ちを期待できます。
きっとお客様がお使いいただくシーンに合った経年変化があるはずです。

今後も、様々な作品で生地の変化過程をお伝えいたします。
是非、ご期待ください。


各詳細など、お電話またはメールにて是非お問い合わせくださいませ。

AUGGIE
〒892-0842 鹿児島県鹿児島市東千石町18-1ミッドランドアパート2F
TEL:FAX 099-226-5450

0 件のコメント:

コメントを投稿